行政書士になりたいなら通信講座で勉強しよう

文房具

子供に関わる資格をとる時

保育園

資格取得方法

保育士を目指すときは厚生労働大臣が指定する保育士養成施設を卒業する、1年に1度行われる保育士の国家試験を受けるという2つの道があります。厚生労働大臣が指定する保育士養成施設とは保育科などがある大学や短期大学、専門学校、保育学院、福祉大学校などのことです。これらの学校に入学して指定科目を履修すれば卒業と同時に保育士資格を取得できます。大学は4年間の間で指定科目を履修しますが、時間をかけて幅広く学ぶことができます。また、大学を卒業すると同時に幼稚園教諭の一種免許を取得することができます。短期大学は2年間の間に指定の科目を履修することになります。卒業時に幼稚園教諭二種免許を取得することができます。専門学校は2〜3年間で指定の科目を履修しますが、2年間では保育士資格、3年間では保育士資格と幼稚園教諭二種免許を資格を取得する学校が多くなっています。昼に働いている方は大学や短期大学、専門学校の夜間部に通学して保育士の資格取得を目指します。大学や短期大学、専門学校ではカリキュラムに保育実習が含まれており、保育園や施設で実践的に学ぶことができます。また、大学や短期大学の通信教育課程でも保育士の資格取得を目指すことができます。通信教育では自宅で勉強しながら定期的に学校に出席し、保育実習にも行く必要があります。保育士の就職先は保育園や児童養護施設、児童福祉施設、病院の院内保育園など幅広く活躍の場が広がっています。