行政書士になりたいなら通信講座で勉強しよう

文房具

試験無しでもなれる方法

女性

カリキュラムに注目を

保育士になるには厳しい国家試験に合格しなければなりません。合格率は年にもよって異なりますが、20%程度で、低い年は10%前半になる事もある程です。大切な子供を預かける親の立場からすると、しっかりとした知識を身につけてくれている人達に見てもらう事が出来るので大きな安心感があると言えるでしょう。この国家試験を受けなくても保育士になる方法があります。それは養成課程のある学校に通うと言う方法です。短大や専門学校の場合、2年間、大学の場合は4年間養成課程で学ぶ事で国家試験合格と同じ権利を得る事が出来るのです。合格率の低い国家試験を受けなくても良いので楽だと言う事は無く、養成課程の期間、みっちりと学んで行くことになります。座学の授業はもちろん、保育園での実習など一人前の保育士として活躍出来る様にカリキュラムが組まれています。結果的に保育士資格が取れると言う事に変わりは無いので、通う大学を選ぶ際は大学毎の実習内容や回数などカリキュラムをしっかりとチェックする事が重要です。また、大学によっては優秀な保育士を輩出する為に保育士資格以外の資格の取得にも力を入れているところもあります。養成課程をこなすだけでも大変ですが、社会に出てから活躍出来る人材になる為に学生のうちから様々な資格やスキルを身につけておきたい人は資格取得実績やサポート体制にも目を光らせておきましょう。特に養成課程が長い大学は差が出やすいので注目です。