行政書士になりたいなら通信講座で勉強しよう

ウーマン

幼稚園の先生になるために

幼稚園教諭の資格を取得するための裏技があります。既に大学や短大を卒業している人には、資格取得に必要な単位を修得することで、比較的関単に資格を取得できます。資格のための単位を修得できる大学は、全国に7つあります。どれも通信講座なので、フォローがしっかりしている学校を選ぶことです。

子供に関わる資格をとる時

保育園

保育士になるには、学校に通うか、保育士の試験に合格しなければなりません。保育士の養成施設は大学から専門学校、保育学院と様々です。大学では幼稚園教諭の免許も取れますが、最短で保育士を目指すなら専門学校が人気です。近くに養成施設がなければ、寮を備えた学校を選びましょう。

試験無しでもなれる方法

女性

保育士になるには国家試験に合格する必要がありますが、養成課程を修了する事で国家試験が免除となります。大学の場合、4年間、短大や専門学校の場合、2年間です。特に大学はカリキュラムの違いに差が出やすいので注目してチェックを行いましょう。

文書作成と法令の専門家

メンズ

一般企業への就職にも便利

行政書士は、「文書作成のプロ」として高い評価を受けている専門職です。行政書士の主な仕事は、官公署に提出する各種文書、及び権利関係や事実証明に関する文書の作成や提出代行などです。また、これらの業務に関連した相談対応も手がけます。行政書士を名乗って業務を行うには、毎年実施される国家試験に合格する必要があります。受験資格に制限がないこともあって受験者数は非常に多く、人気の高い試験となっています。合格率は10%前後ですが年によっては5%を下回ることもあり、かなりの難関となっています。行政書士になるための勉強方法はたくさんありますが、中でも人気が高いのが通信講座です。というのも、行政書士試験はキャリアアップを目指して働きながら受験勉強をする人が多いからです。その点、通信講座は仕事の合間などを有効に使いながら自分のペースで学習を進められるというメリットがあります。行政書士は独立開業が可能なばかりでなく、有資格者は契約書や念書、各種図面などを扱う一般企業の総務部門・法務部門などでも歓迎されています。行政書士試験用の通信講座のカリキュラムはそれぞれのスクールごとにまちまちですが、おおよその目安としては6か月で一通りの受験勉強ができるように設定されています。スクールによっては初学者向けの1年コース、速習者向けの3か月コースなどを設けているところもあります。費用は5万円以下のものから20万円近いものまでバラエティに富んでいます。高額のものはDVDなどの副教材付き、低額のものはテキストのみという大体の傾向があります。ただし最近ではウェブ動画などを利用して、低料金ながら映像を使った授業を実施している通信講座もあります。